第3回神奈川かもめ短編演劇祭「くよくよ、迂回」

2018年1月25日~28日
KAAT神奈川芸術劇場大スタジオ
脚本・演出:大島寛史
出演:上田幸侍・影島沙絵、池谷駿

現代。日本。とある町。とある部屋。集まった3人の男女。
3人の希望を込めた計画は前途多難だ。会議もうまくいかない。
一人の男は絶叫し、もう一人は部屋の隅にうずくまり、女は首を長くしている。
なぜ、こんな事態に陥っているのか。生まれた瞬間に運命は決まるのだろうか。
ひそやかに日陰で生きる者たちに春は訪れるのだろうか。
どうしようもなく自信のない若者たちの「くよくよ」を照らし出すコメディ。

1年ぶりの新作短編。くだらないことをとにかく詰め込んだ快作。

第2回神奈川かもめ短編演劇祭「しらずのうちに」

2017年3月2日~3月5日
KAAT神奈川芸術劇場大スタジオ
脚本・演出:大島寛史
出演:池谷駿、木村涼香、大島寛史

半年弱が経ち、舞台の大きさにあわせて、脚本も演出も変化。
一部のシーンは差し替えられ、大きく身体を使うようになった。
が、もともとのバカバカしさはそのままに、大きな共感も得た代表作。
最優秀賞&観客賞受賞作品。

第15回公演「引きつり笑顔とシアンの涙」

2017年2月3日~5日
横浜人形の家あかいくつ劇場
脚本・演出:大島寛史
出演:大島寛史、上田幸侍、池谷駿、木村涼香、木村衣織、
   竹村果夏、岸由佳、影島沙絵、成田康佑、
   伊藤南咲、吉岡瞳、立川せりか、
   佐藤麻美、上杉英彰、藤森多哉(湘南テアトロ☆デラルテ)

「月夜の妄想曲」の続編。
ヘッポコ探偵コンビとそのライバル。作家とそのファン。
二つの物語はいつの間にか堂々と交わって、
いったりきたりの大騒動。
真実と、恋心と物語の行方は。

5周年のお祭り騒ぎ公演。15回公演で15人のキャスト。

劇王神奈川Ⅴ「しらずのうちに」

2016年10月14日~16日
県立青少年センター多目的プラザ
脚本・演出:大島寛史
出演:池谷駿、大島寛史、木村涼香

親知らずが痛む男と、その親知らずとの対話。
ある日突然目の前に現れた、親知らず。
自らを抜けと迫るが、男はそれを拒絶する。
しかし、着々と、進行している症状に彼は……。
劇王神奈川Ⅴ優勝作品。

実体験をもとに描いた、擬人化コメディ!

第14回公演「雨の濡らした夕月夜」

2016年9月1日~4日
参宮橋トランスミッション
脚本・演出:大島寛史
出演:池谷駿、木村涼香、木村衣織、竹村果夏、上田幸侍、岸由佳、影島沙絵、成田康佑、大島寛史
   市原一平(G/9プロジェクト事務所)、伊藤南咲、西島美都子、石田雅俊

創作活動をする人のためのシェアハウス。
そこで生活する様々なクリエイターたち。
彼らの日常には雨がつきものだ。
雨が激しさを増して、彼らの日常も変化していく。
外からも内からも変わっていって。
それでもつかみたい、変わらないもの。
その時のために、その時のためなら。いつだって。

オールシングルキャストでおくる、チリアクターズ流ディストピア。

第13回ボーイズ&ガールズ公演「再演・瞳の奥の心の旅」

2015年12月11日~13日
参宮橋トランスミッション
脚本・演出:大島寛史
振付:KOTA、佐藤みつよ(劇団夢幻)
出演:木村涼香、木村衣織、竹村果夏、岸由佳、大島寛史
   市原一平(G/9プロジェクト事務所)、岸部将大、熊手竜久馬(虹の素)
   渡会いくみ、西島美都子、佐藤麻美、影島沙絵

第五回公演の再演。
初のオーディション開催。
ホールで上演した作品を小劇場版に改編。
ほぼ新作の装いで。

国民文化祭「恋も忍びも下心」

2015年10月31日
鹿児島県谷山サザンホール
脚本・演出:大島寛史
出演:上田幸侍、竹村果夏、木村涼香、池谷駿、岸由佳、木村衣織、大島寛史、
   鹿児島の高校演劇部有志
特別ゲスト:梅丸

小田原の山奥にあるという、風魔忍者の隠れ里。
なんとそこでは、存続のため、現役くノ一たちによる、アイドル活動のための練習が行われていた?
そこに迷い込んだ、ニートの男。男はある日、思い立ったのだ。「そうだ、忍者になろう」
果たして男は、忍者になれるのか。忍者になった先に、何があるのか。

地元の高校生も巻き込んだ、一度きりのスペシャルステージ。小田原でやったらおこられるんじゃないかな。笑

劇王神奈川Ⅳ「さわれるタイプ」

2015年10月15日~18日
県立青少年センター多目的プラザ
脚本・演出:大島寛史
出演:岸由佳、池谷駿、大島寛史

夜。海。
波に誘われるように進む女を決死で止める男。
その会話はとても後ろ向きで、それでも前を向こうとする。
やがて、かなしくてもどかしい過去が明らかになったとき、
朝日がのぼる。それは多分、明日が、きたのだ。

第12回ボーイズ公演「絢爛とか爛漫とか」作:飯島早苗

2015年8月28日~30日
STスポット
脚本:飯島早苗
演出:大島寛史
出演:大島寛史、池谷駿、上田幸侍、岸部将大

4人の文士の春夏秋冬。
激励、嫉妬、悲喜交々。
必ず、春は来る。
また、春は来る。
男4人の会話劇。

劇団初の既成戯曲に挑戦。

第11回ガールズ公演「えくぼは涙の溜まる場所」

2015年4月24日~26日
APOCシアター
脚本・演出:大島寛史
出演:岸由佳、木村涼香、木村衣織、竹村果夏、影島沙絵、池上千尋、大島寛史

4人の女と1人の男。
みんなの隠し事は、いのちの行方すら惑わす。
言葉も、歌も、大切なことにすこし足りない。
じゃあどうすればよかったかなんて、わかんない。
だから、やるしかない。

一部ダブルキャスト。こじれきった色恋沙汰。

第10回これからもよろしく公演「君を突き抜けて、空。~夢見る僕等の信じた明日~」

2014年12月20日・21日
小田原市民会館小ホール
脚本・演出:大島寛史
出演:池谷駿、木村涼香、木村衣織、上田幸侍、成田康佑、大島寛史
   竹村果夏、岸部将大、高橋勇太、水野恵理子、岡部望美、永山裕、
   植松南美、影島沙絵

少年は、鍵付きカバンの中に設計図を詰め込んだ。
それは「月」抜けて進むための設計図。
赤い空の向こう側へ行くための設計図。
彼女の涙も知らないで。彼は必死ですすむ。
信じた道を、ひたすらに。

トリプルキャストで紡ぐ、次へと進むための、物語。

劇王神奈川Ⅲ「しない、しらない、しかたない、もう」

2014年10月17日~19日
県立青少年センター多目的プラザ
脚本・演出:大島寛史
出演:竹村果夏、大島寛史、池谷駿

夕日のあたる小さな部屋。
そこで寄り添うように暮らす男女。
二人の間には不自然な空白が。
なぜ、そうなってしまったのか。
ほんとうはわからないけれど、もしかしたらこうだったのかもしれない。

遠いようで、とても身近な、身近にあってしまう、お話。

第9回泥はね探求公演「孤独とマタタビ~2つのお尋ね、3つの縄張り~」

2014年7月11日~13日
小田原市生涯学習センターけやき
脚本・演出:大島寛史
出演:木村涼香、上田幸侍、木村衣織、高橋勇太、池田朋弘、岸由佳、
   水夜さおり(劇団高空)、竹村果夏、尾崎冴子、大島寛史
声の出演:郷田ほづみ

ネコの世界のお話。
縄張り争いをするネコたち。いなくなったネコ。迷い込んだネコ。
イヌに狙われるネコ。
たくましく生きるネコたちの本当の目的とは。

第8,5回サクサク短編公演「廻るサインポール/月夜の妄想曲」

2014年5月10日
小田原市生涯学習センターけやき
脚本・演出:池谷駿(廻るサインポール)/大島寛史(月夜の妄想曲)
出演:池谷駿、上田幸侍、木村涼香、成田康佑(月夜の妄想曲のみ)、大島寛史

60分の2本立て。
池谷が初脚本・演出を務めた、ワンシチュエーションコメディと、
大島の手掛けた、ドタバタラブコメディ。
1回限りの超レアなステージ。

第8回雨降夕焼公演「マゼンタの向こうへ~繰り返し続ける僕等の手紙~」

2014年2月15日・16日
タウンニュースホール
脚本・演出:大島寛史
出演:木村衣織、池谷駿、木村涼香
   上田幸侍、竹村果夏、大島寛史

もう開けられることのない手紙をめぐる、忘れられた関係性の二人の恋の話。
小説の中の登場人物も飛び出して、物語はあらぬ方向へ。
いやこれが、いわゆる王道かもしれない。

大雪に見舞われた、いろんな意味で、忘れがたい公演。

第7回虹色前進公演「昼間のめざまし~切っても切れない空気なカンケイ~」

2013年11月29日・30日・12月1日
川崎H&Bシアター
脚本・演出:大島寛史
出演:木村涼香、上田幸侍、池谷駿、
   池田朋弘、木村衣織、大島寛史

ちょっと変わった家族の、はなし。
ふりかかるのは普通の出来事。
だからこれは、ちょっと変わった出来事。
お父さんの姿は誰にも見えないし、犬の言葉はわからない。
妹の声は聞けなくなったし、母は何もお気楽だ。
そんなだから、私には言えないことがある。言いたいことがある。

川崎の小さな劇場でおくる、そこに住んでいそうな家族のお話。

劇王神奈川Ⅱ「いまはわかれよ」

2013年10月18日~20日
県立青少年センター多目的プラザ
脚本・演出:大島寛史
出演:植松南美、木村衣織、岸部将大

ホームセンターの休憩室。
泣く女。なぐさめる女。様子をみている男。
どうやら、男の不誠実が涙の理由らしい。
男にはそれが皆目見当つかず、ぽかんと眺めているだけだ。
女の慰めも、妙に的外れで、しっくりこない。
人は、どこまで他人について、わかるのだろう。

都合のいい言葉と都合の悪い現実が交差する、初短編。

第6回憧れ挑戦公演「霧に跨がるドカン~壁の向こうの者達の秘め事~」

2013年6月21日~23日
STスポット
脚本・演出:大島寛史
出演:池谷駿、木村涼香、上田幸侍、
   中尾友美、山崎ゆう子(湘南テアトロ☆デラルテ)、大島寛史

森の中。独立した集落で暮らす老人と子供たち。
そこへ迷い込む一人の青年。
青年が目の当たりにする自分とは異なる世界のつくり。
何が正解か。しかし、何を信じているのか。
真実は、霧の中。

旗揚げから一年とすこし。初の横浜公演。

第5回思い出冒険公演「瞳の奥の心の旅~コイし合ってた僕等のホント~」

2013年1月19日・20日
小田原市生涯学習センターけやき ホール
脚本・演出:大島寛史
出演:大島寛史、上田幸侍、木村涼香、池谷駿、
   高橋勇太、木村衣織、大関奈緒子(湘南テアトロ☆デラルテ)

高校演劇部の卒業公演。
その練習中におこる不可思議な出来事。
劇世界との二重構造は、いつしか混ざり合い、現実の行方がわからなくなる。
本当の、おもいを、さがして。

旗揚げから1年。初の客演を迎えておくる青春群像劇。

第4回胸キュンバラッド公演「かぜのあいだに~期間限定の僕達の幻~」

2012年9月16日・17日
小田原市生涯学習センターけやき ホール
脚本・演出:大島寛史
出演:大島寛史、上田幸侍、木村涼香、池谷駿

夏。一人暮らしの女性の部屋に転がりこんできた一人の男。
そこから始まる、少し不思議な同居生活。
彼女が遠のく意識の中で見た景色は。

甘酸っぱさ全開の異色作。

第3回これからよろしく公演「ヒロイン~のぞむ者達のアイドル~」

2012年2月25日・26日
小田原市生涯学習センターけやき ホール
脚本・演出:大島寛史
出演:大島寛史、上田幸侍、木村涼香、池谷駿

くたびれた旅館の一室で頭を抱えている、とある劇団員たち。
彼らの悩みは次回公演の演目について。
絶対的ヒロインだった女性劇団員を失った彼らの今後は。

小田原での活動を開始した、記念公演。